SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 都庁南展望室「一寸法師ライブペインティング」
    (11/02)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :388] 朝日新聞に掲載
    武盾一郎 (10/25)
  • シンポジウム「段ボールハウス絵画とは何だったのか」
    武盾一郎 (10/19)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    深瀬鋭一郎 (10/13)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    kou (10/12)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :190] ビッグ・イシュー取材報告
    宮崎 (10/10)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :237] 9.3 編集会議の議論を経た深瀬原稿修正版
    村上知奈美 (09/07)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー+ダンボールハウス絵画映像記録上映会」
    (09/05)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー」(新宿散策速報)
    (09/05)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :97] 第 1 回ミーティング無事終了報告
    (09/05)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

新宿区ダンボール絵画研究会

cardboard-paintings-meeting
<< [Cardboard-Paintings-Meeting :470] 2006 年寿町フリーコンサート | main | [Cardboard-Paintings-Meeting :475] 第 2 回コトバ広場(ポエトリー・リーディング・ライブ) >>
[Cardboard-Paintings-Meeting :474] エコロジー・アート大賞・参加者募集!
0
    On 2006年 8月 17日 , at 4:00 AM, Eiichiro Fukase wrote:
    [71th exhibition/event of Fukase Memorial Visual Art Preservation Plan]
    独立キュレーターの深瀬鋭一郎です。
    残暑お見舞い申し上げます。

    このたび、日本経済新聞、ソニーミュージックコミュニケーションズ、環境省、地球環境パートナーシッププラザほか、多くの方々のご理解・ご協力をいただき、「エコ・アート大賞」という、大きな賞を策定いたしました。
    数年後には、アジアへ、世界へ、と拡大していく予定です。その第1回目、奮ってご応募ください!

    ////////////////////////////////////////
    eco japan cup 2006実行委員会は、エコビジネスプランのコンテスト(事業者向けの「環境ビジネス・ベンチャーオープン」、個人・グループ向けの「エコ・チャレンジ!」)とともに、エコロジーを促す芸術のコンテストとして「エコ・アート大賞」を設けました。「アートで世界を変えていこう。」をコンセプトに、2006年8月1日から10月21日まで、アーティスト、クリエーターからの応募を受け付けています。

    募集作品
    エコロジーの維持・改善に役立つアート、デザイン、コミュニケーションのアイディアないし作品
    募集部門
    【アート部門】写真、グラフィック、絵画、彫刻、インスタレーション、パフォーミング・アーツ、映像、映画など
    【デザイン部門】建築、公共・共用スペース、庭園、プロダクト、クラフト、ファッション、エディトリアル・デザインなど
    【コミュニケーション部門】広告、コピー、ポスター、コマーシャル・フィルムなど
    応募方法
    「eco japan cup 2006」ウェブ・サイトの「エコ・アート大賞」ページ( http://www.eco-japan-cup.com/art.html )左側の「応募用紙ダウンロード」コーナーから応募用紙をダウンロードして、【アート】、【デザイン】、【コミュニケーション】のいずれの分野に応募するかを明示したうえで、必要事項を記入し、電子メールに添付して送信してください(送信先アドレスは art@eco-japan-cup.com)。
    実作品がある場合も、プランまたは画像・データの形で応募してください。
    応募条件
    プロ、アマ問わず。個人、団体問わず。自主制作、商業目的作品問わず。他のコンテストに応募、もしくは受賞した作品も可。応募件数制限なし。
    応募締切
    2006 年10 月21 日(土)必着
    出品費用
    1 件あたり2000 円
    賞・賞金
    受賞者は賞金5 万円(製作・展示補助費見合い)を授与され、「エコプロダクツ2006」(東京ビッグサイト、2006年12月14日?16日、主催:産業環境管理協会、日本経済新聞社)会場で表彰され、受賞作品ないしそのプランを「エコプロダクツ2006」のブースで展覧できます。受賞作品等はタイアップ雑誌「GREENSTYLE」(ソニー・ミュージックコミュニケーションズが発行しているエコカルチャーマガジン)eco japan cup特集号(2007 年春)に掲載されます。受賞者は国連大学ビル内の「地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)ギャラリー」で開催するグループ展(2007 年4 月頃)に参加できます。
    審 査 員
    審査委員長:益田文和(東京造形大学教授、インダストリアル・デザイナー)
    審査員:森山明子(武蔵野美術大学教授、ジャーナリスト、主にコミュニケーション部門)
    審査員:堀内正弘(多摩美術大学助教授、建築家、主にデザイン部門)
    審査員:深瀬鋭一郎(深瀬記念視覚芸術保存基金代表、キュレーター、主にアート部門)
    日 程
    1.エントリー期間:8 月1 日(火)⇒10 月21 日(土)
      電子媒体のみ受付
      応募締め切り:10 月21 日(土)
    2.一次審査期間:10 月21 日(土)⇒11 月5 日(日)
      各審査員が書類審査で各部門5 作品ずつを推薦
    3.一次審査結果連絡:11 月6 日(月)
      審査通過者のみ電子メールないし電話にて連絡
      結果はウェブで公表
    4.最終審査 11 月19 日(日)
      審査員が合議して審査(深瀬記念視覚芸術保存基金など東京23 区内の予定)
      第一次審査通過者には審査会場でプレゼンテーションを求めることがあります
    5.最終審査結果連絡:11 月20 日(月)
      受賞者は展示準備開始
    6.表彰式およびブースでの受賞作品展覧 12 月14 日(木)⇒16 日(土)
      エコプロダクツ2006 会場(東京ビッグサイト)
    問合せ先
    eco japan cup 2006実行委員会事務局 エコ・アート・プロジェクト http://www.eco-japan-cup.com/
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F 地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)内
    TEL:03-3407-8107 / FAX:03-3407-8164
    注意事項
    [個人情報の提供・利用目的] 応募にあたり、個人情報(名前・電話番号・住所等)を提供いただく必要があります(提供いただけない場合には、応募の受け付けができません)。提供された個人情報は、応募作品への問い合わせ、審査結果の通知、エコ・チャレンジ!およびエコプロダクツ2006のご案内をするために利用し、それ以外に無断で他の目的に使用することはありません。提供された個人情報は、eco japan cup 2006実行委員会の責任で管理します。
    [受賞作品展示にあたって] 会場内で火気の取り扱いは厳禁です。展示で使用する布などの素材は、消防法に基づき防火、防燃製品をご使用下さい。壁への釘打ちは可能です。床面への釘打ちやカッティングシート貼りはできません。必要に応じて、床面を養生して下さい。会場内でペンキ等の塗装作業はできません。塗装した状態での持ち込みをお願いします。展示期間中の作品は、出品者が責任をもって対応するものとし、展示期間中の破損等については、主催者は責任を負いません。展示スペースにおいて、特定企業や店舗の宣伝行為、販売行為は不可とします。会場内で公序良俗に反する行為は禁止です。出品作品の著作権は、応募者本人に帰属します。ただし、展覧会での公開・発表、使用、及びその広報・告知(印刷物やウェブなど)をする権利については、eco japan cup 2006実行委員会にあります。法律や何らかの契約、また公序良俗に反した作品の応募は不可とします。応募者は、応募作品が第三者のいかなる権利も侵害していないことを保証し、万一第三者からの苦情等があった場合には、自らの責任で解決して下さい。 応募用紙の記載内容の不備、虚偽などが認められた場合、または規定違反、その他問題が生じた場合は、授賞を取り消すことがあります。主催者と応募者間で紛争が生じた場合の準拠法は日本法とし、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

    以 上
    | MLポスティング | 03:42 | comments(0) | trackbacks(4) | - | - |









    http://kenkyukai.cardboard-house-painting.jp/trackback/551665
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2007/02/28 3:21 PM |
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2007/03/18 11:01 PM |
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2007/04/10 10:40 PM |
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2007/04/11 8:54 PM |