SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 都庁南展望室「一寸法師ライブペインティング」
    (11/02)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :388] 朝日新聞に掲載
    武盾一郎 (10/25)
  • シンポジウム「段ボールハウス絵画とは何だったのか」
    武盾一郎 (10/19)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    深瀬鋭一郎 (10/13)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    kou (10/12)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :190] ビッグ・イシュー取材報告
    宮崎 (10/10)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :237] 9.3 編集会議の議論を経た深瀬原稿修正版
    村上知奈美 (09/07)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー+ダンボールハウス絵画映像記録上映会」
    (09/05)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー」(新宿散策速報)
    (09/05)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :97] 第 1 回ミーティング無事終了報告
    (09/05)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

新宿区ダンボール絵画研究会

cardboard-paintings-meeting
<< [Cardboard-Paintings-Meeting :453] 季刊『at』の記事 | main | Rock’n’-醤-You!Vol.2 >>
[Cardboard-Paintings-Meeting :459] 『芸術は地球を救う』アースデイ東京2006「おはなしの森」にて
0
    アースデー アースデー
    On 2006年 4月 11日 , at 2:19 AM, Eiichiro Fukase wrote:
    『芸術は地球を救う』
    アースデイ東京2006「おはなしの森」トーク&パフォーマンス・イベント
    日時:4/22 (土)-23 (日) 12:00-15:00
    会場:代々木公園 「バラの園」アーチ脇の「おはなしの森」
    参加費無料 (雨天決行 敷物・雨具は皆様でご用意ください)
    10万人のイベント 「アースデイ東京」 初の芸術プログラム。芸術家が「地球を救う」をテーマに「見せてお話」やパフォーマンスを行います。どうぞご観覧下さい!

    ■PART1 見せてお話し トークイン
    4/22 (土) 12:00-15:00
    ◎「地球を救う芸術家」深瀬 鋭一郎(絵:和志武 礼子)
    世界、そして地球を救うため、献身的な努力を傾けてきた歴史上のアーティスト達。彼らの作品やそれにこめられた思想を、この催し物のキュレーター深瀬鋭一郎が、紙芝居形式で楽しく紹介します。
    ◎「カイラスから天津まで」小沢 剛
    「悪いことといいことは、こそこそやる主義」という小沢剛。チベット奥地のカイラスで、プラスチック系のゴミを拾い、天津のリサイクル工場で絨毯にする新プロジェクトを、渡航2日前にして、ついに公開します。
    ◎「世界アーティストサミット」宮島 達男
    「芸術の力で世界を変えられるか」をテーマに、7カ国のトップアーティストが世界の諸問題を話し合った「世界アーティストサミット」。モデレーターも務めた宮島教授がその理念や模様を紹介します。
    ◎「Art for the Earth -未来の地球を救うために-」参加者と聴衆との対話
    どうしたら芸術で未来の地球を救えるのか、自分が芸術に救われた経験は何か、どういう芸術家がどんな形で地球を救ったかなどについて、皆で気軽に話し合います。

    ■PART2 地球を救うパフォーマンス
    4/23 (日) 12:00-15:00
    ◎「動物・植物・環境 献身的に関わることで変わること」丹羽 良徳
    戦争と平和について鳥と対話を試みたり、貧しい国の人のため自分の口で「水たまりA を水たまりB に移しかえる」こと。丹羽良徳は、こうした芸術で世界を救うことを考えています。
    ◎「地球の食物連鎖・歪み矯正プロジェクト」増山 麗奈
    増山麗奈は、自身が「食物連鎖に戻る」ため、小さな命のため溢れてくる母乳で、来場者の似顔絵を描きます。出来上がった絵は、生まれた子供であり、描かれた者の命を内側から蘇らせるものです。
    ◎「プリミティブ ライブペインティング」武 盾一郎 with 荷野(Djembe)・玉露( 和太鼓)
    新宿ダンボール村、神戸被災地、ストリート等で、困窮した人々に元気を与えようと活動し、そこでひたすら原初的な絵のあり方を追求して来た、武盾一郎のライブ・ペインティングです。
    ◎「Art for the Earth -未来の地球を救うために-」参加者と聴衆との対話

    主催:芸術で地球を救う会、深瀬記念視覚芸術保存基金
    協力:LOVELINK/Photon、地球新聞、サンジョルディ出版(NPOブックス)
    写真:横湯久美
    問合せ先:木下拓己 070-5578-4872 super-valkyrie@k6.dion.ne.jp

    ■アースデイ解説
    1970年アメリカ。ウィスコンシン州選出のG・ネルソン上院議員が、4月22日を“アースデイ”(地球のために行動する日)であると宣言しました。 当時まだ環境保護のため力を注ぐ政治家は少な く、そのうちの一人だったネルソン氏は、学生運動・市民運動が盛んなその時代に、環境のかかえる問題に対して、イベントを通じて、人びとに関心をもってもらおうと考えました。アースデイの概念は、当時スタンフォード大学の全米学生自治会長をしていたデニス・ヘイズ氏に伝えられました。ヘイズ氏は全米に呼びかけ、延べ2000万人以上の人々が何らかの形で、地球への関心を表現する米国最大のイベント“アースデイ”が生まれました。それを契機に、米環境保護庁が設置され、大気浄化法、水質浄化法などさまざまな環境法が整備され、米軍は東南アジアにおける枯れ葉剤の使用が禁止されました。日本に歩行者天国ができたのも、このアースデイがきっかけです。すべての人が同じように、かつ全く自由に起こせるアクションです。共通のアースデイマークを使うこと、皆の活動を互いに知らせること以外、「〜しなければならない」という制約はありません。自分と地球と、そこに住むたくさんの生命との対話のために、アースデイ・アクションを起こしてください。

    ■企画者コメント
    「芸術で地球を救う会」は、平和、環境、人道など様々な観点から「芸術で地球を救う」方法を考え、それらを通じて社会に貢献する活動を展開中です。芸術で地球が救われた事例は何か、皆が芸術に救われた経験は何か、どういう芸術家がどんな形で地球を救ったか、どうしたら芸術で未来の地球を救えるのかについて、トークインを重ね、その記録等を定期刊行物や書籍の形で出版します。またそれらを通じて得られた知見を、実際に地球を救うため役立てていきたいと考えています。
    | MLポスティング | 09:12 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://kenkyukai.cardboard-house-painting.jp/trackback/484990
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2007/02/28 3:21 PM |