SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 都庁南展望室「一寸法師ライブペインティング」
    (11/02)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :388] 朝日新聞に掲載
    武盾一郎 (10/25)
  • シンポジウム「段ボールハウス絵画とは何だったのか」
    武盾一郎 (10/19)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    深瀬鋭一郎 (10/13)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    kou (10/12)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :190] ビッグ・イシュー取材報告
    宮崎 (10/10)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :237] 9.3 編集会議の議論を経た深瀬原稿修正版
    村上知奈美 (09/07)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー+ダンボールハウス絵画映像記録上映会」
    (09/05)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー」(新宿散策速報)
    (09/05)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :97] 第 1 回ミーティング無事終了報告
    (09/05)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

新宿区ダンボール絵画研究会

cardboard-paintings-meeting
<< [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー | main | [Cardboard-Paintings-Meeting :379] どうも有難うございました!&打上げ >>
シンポジウム「ダンボールハウス絵画とは何だったか」
0


    新宿西口地下街でダンボールハウス絵画(1995.8.13-1998.2.14)が描かれてから10年、当時の社会状況を多角的に検証するため、美術家、学者、編集者、キュレーターなど30数名は、2005年3月、新宿区登録団体「ダンボール絵画研究会」を結成しました。研究会では数多くのイベント、展覧会、資料・書籍の編纂を通じて、日本文化史の有用な記録を作成することを企図してきました。その最終回として、中原佑介氏らによるシンポジウムを行います。参加自由・無料です。奮ってご参加ください。

    期間:10月8日(土)〜10日(祝)毎日14:00〜16:00
    場所:新宿区立 環境学習情報センター エコギャラリー新宿(2F)研修室
    東京都新宿区西新宿2-11-4(新宿中央公園内)
    電話:03-3348-6277 FAX:03-3344-4434

    出演:
    10月 8日
    平井玄(音楽評論家)・究極Q太郎(詩人)・池上善彦(現代思想編集長)・武盾一郎(美術家)

    平井 玄(ひらいげん)
    1952年東京都新宿区生まれ。音楽批評・エッセイスト。早稲田大学文学部抹籍。1986年、上映委員会の一員として映画「山谷 やられたらやりかえせ」を制作・上映。1992年パレスチナに赴き、エルサレムのパレスチナ人音楽グループ「サーブリーン」を招いて、映画監督ミシェル・クレイフィを含め仲間とともに「豊饒な記憶 インティファーダ世代の音と映像」を開催。早稲田大学文学部非常勤講師を経て現在、東京芸術大学非常勤講師(音楽文化論)。音楽文化運動グループ[Demusik Inter]として「音の力」シリーズを発行。著書に『路上 のマテリアリズム』『破壊的音楽』『暴力と音』『引き裂かれた声』など。

    究極 Q太郎(きゅうきょくきゅうたろう)
    1967年埼玉生まれ。現在18歳の知的障害者の介護をして生計を立てる。主に「だめ連」の活動に参加しバースペース「あかね」を運営(http://akane.e-city.tv/)また、90年代を通して、アナキストの活動。「Actual Action」、「Anarchist IndependentReview」などに参加。90年代半ば、原宿代々木公園でのイラン人締め出し反対行動・新宿西口地下通路強制撤去反対行動・新宿や宮下公園の越冬闘争・「足立障害者の自立と介護保障をかちとる会」(90年代前半)・「板橋わいわい祭り・アジア・アフリカ・ラテンアメリカ屋台」(90年代半ば)等に参加。ミニコミ誌『新しい天使』を丸川哲史とともに発行。また、詩人としての活動は、カワグチタケシ、小森岳史らとともに「3K」朗読会を開催し、『詩学』(詩学社)主催のワークショップ「青の日」で、講評を担当している。

    10月 9日
    武盾一郎(美術家)・深瀬鋭一郎(キュレーター)他、ダンボール絵画研究会参加者、シンポジウム参加者によるフリートーク。

    10月10日
    中原佑介(美術評論家)・毛利嘉孝(東京藝術大学助教授)・武盾一郎(美術家)・深瀬鋭一郎(キュレーター)

    中原 佑介(なかはらゆうすけ)
    1931年兵庫県神戸市生まれ。美術評論家。京都大学大学院理学研究課終了。1955年『想像のための批評』で美術批評新人賞を受賞。著書に『現代彫刻』『見ることの神話』『人間と物質のあいだ』『クリストー神話なき芸術の神話』『ブランクーシ』『一九三〇年代のメキシコ』『ヒトはなぜ絵を描くのか』ほか。パリ青年ビエンナーレ、サンパウロ・ビエンナーレ、ヴェネツィア・ビエンナーレ、第10回日本国際美術展(東京ビエンナーレ)など国際展のコミッショナー、ソウル・オリンピック美術国際審査員などを歴任。国際美術評論家連盟会員。

    毛利 嘉孝(もうりよしたか)
    1963年長崎県大村市生まれ。社会学者・文化研究者。京都大学経済学部卒。東京芸術大学音楽学部助教授。政治と文化、とくにメディアや音楽、美術の関係を研究している。2002−2003年ロンドン大学客員研究員。Iner-Asia Cultural Studies(Routledge)編集委員。著書に『文化=政治:グローバリゼーション時代の空間の叛乱』など。
    ------------------------------------------
    同時開催の展覧会:「ダンボールに描く夢」
    期間:2005年9月18日(日)〜10月10日(月)10:00〜21:00
    場所:新宿区立 環境学習情報センター エコギャラリー新宿(2F)
    主催:新宿区ダンボール絵画研究会、深瀬記念視覚芸術保存基金

    アクセス:
    JR・小田急線・京王線「新宿駅」西口から徒歩約15分
    東京メトロ丸の内線「西新宿駅」から徒歩約10分
    都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩約5分
    新宿西口バスターミナル(17番乗り場)から乗車し「十二社池の下」下車徒歩約1分
    地図

    | お知らせ | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://kenkyukai.cardboard-house-painting.jp/trackback/344786