SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 都庁南展望室「一寸法師ライブペインティング」
    (11/02)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :388] 朝日新聞に掲載
    武盾一郎 (10/25)
  • シンポジウム「段ボールハウス絵画とは何だったのか」
    武盾一郎 (10/19)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    深瀬鋭一郎 (10/13)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    kou (10/12)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :190] ビッグ・イシュー取材報告
    宮崎 (10/10)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :237] 9.3 編集会議の議論を経た深瀬原稿修正版
    村上知奈美 (09/07)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー+ダンボールハウス絵画映像記録上映会」
    (09/05)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー」(新宿散策速報)
    (09/05)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :97] 第 1 回ミーティング無事終了報告
    (09/05)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

新宿区ダンボール絵画研究会

cardboard-paintings-meeting
<< Re: [Cardboard-Paintings-Meeting :134] 角筈 | main | [Cardboard-Paintings-Meeting :137] 第 3 回会合無事終了報告 >>
6 月 18 日・第 3 回会合「アーティスト・トーク」
0
    On 2005年 6月 8日 , at 7:14 AM, Take Junichiro wrote:
    ノマドするアート研究会「新宿区ダンボール絵画研究会(通称「ダン研」)
    第3回会合はいよ いよ絵師の登場です!

    新宿西口地下道段ボールハウス絵画制作のリーダーであった武盾一郎と、1996年1月24日の強制撤去まで新宿西口地下道で描いていた主要メンバー山根康弘の両氏が、主に強制撤去までの制作について語ります。

    当時の絵について当事者ふたりがそろって語るのは初の試みです。奮ってご参加ください!

    //////////////////////////////////////////////
    日時:2005年6月18日(土)11:00-13:00
    集合場所:新宿区角筈地域センター7階(右奥側)会議室A
    http://www2.odn.ne.jp/~hak35040/
    定員:30名(先着順)
    参加費:センター使用料実費のご負担(1名200円)をお願いします

    ■セッション1(トークショー)
    出演:武盾一郎+山根康弘(作家)、司会:深瀬鋭一郎
    場所:新宿区角筈地域センター7階(右奥側)会議室A
    10:45開場 、11:00開演(定刻)〜12:00(定刻)

    ■セッション2(質疑応答)
    出演:武盾一郎+山根康弘(作家)、司会:深瀬鋭一郎
    場所:新宿区角筈地域センター7階(左手前側)和室2
    12:00開始(定刻)〜13:00頃

    ■セッション3(今後の活動に関する意見交換)
    事務局(深瀬鋭一郎)から当面の活動計画(案)を説明した後、
    参加者で討論

    場所:新宿区角筈地域センター7階(左手前側)和室2
    最長でも14:00まで

    /////////////////////////////////////////////
    開催趣旨

    1996年1月24日の強制撤去は報道でも大々的に取り上げられました。直後から、インフォメーション前西口地下広場を中心に、地下道では段ボールハウスが増えていき、その風景は、当時の新宿西口地下道のイメージとして定着している観があります。

    研究会事務局による初期エスキース分析作業を通じて、段ボールハウス絵画を描き始めた頃の主要メンバー武盾一郎、吉崎タケヲ、山根康弘の間では、周到にイメージを練ったうえで作業分担を明確にして作画するという、近世工房型壁画制作スタイルがとられていたことが、明らかになりました。

    この点、エスキースなしで一発描きを行う、中期(強制撤去後)以降の制作方法とは根本的に異なり、興味深いものがあります。今回のアーチスト・トークでは、作家(武・山根)が、エスキースや作品図版を示しながら、具体的な画法、当時の状況等を解説します。
    (現在制作中の新宿西口地下道段ボールハウス絵画制作ノートアーカイブ
     http://cardboard-house-painting.jp/take/
     を参照しておくとより一層楽しめるでしょう)

    <参考> 新宿段ボールハウス絵画制作は大きく以下の3つの時期に分かれます。

    1・初期:1995年8月14日〜1996年1月24日、強制撤去まで
     武、タケヲ、山根を中心に最大5人でコラボレーション
    2・中期:1996年1月24日〜1996年8月19日、武盾一郎逮捕まで
     武、タケヲの二人がメイン、鷹野依登久が参加
    3・晩期:1996年9月9日〜1998年2月14日、段ボール村消滅まで
     武、タケヲが全く別々に描く

    ※参加希望の方は、ブログにコメント・MLにポスティングお願いします。
    | お知らせ | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://kenkyukai.cardboard-house-painting.jp/trackback/228090