SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 都庁南展望室「一寸法師ライブペインティング」
    (11/02)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :388] 朝日新聞に掲載
    武盾一郎 (10/25)
  • シンポジウム「段ボールハウス絵画とは何だったのか」
    武盾一郎 (10/19)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    深瀬鋭一郎 (10/13)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    kou (10/12)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :190] ビッグ・イシュー取材報告
    宮崎 (10/10)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :237] 9.3 編集会議の議論を経た深瀬原稿修正版
    村上知奈美 (09/07)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー+ダンボールハウス絵画映像記録上映会」
    (09/05)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー」(新宿散策速報)
    (09/05)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :97] 第 1 回ミーティング無事終了報告
    (09/05)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

新宿区ダンボール絵画研究会

cardboard-paintings-meeting
[Cardboard-Paintings-Meeting :384] 曽我高明さんより
0
    On 2005年 10月 13日 , at 0:09 AM, Eiichiro Fukase wrote:

    現代美術製作所ディレクターの曽我高明さんが、感想を寄せてくださいましたので、ご本人の承諾の下に転送いたします。(深瀬)

    ///////////////////////////////////
    ダンボール

    ダンボールアートと言えばまず日比野さんが
    思い浮かびますが、
    ここで触れるのはもうひとつのダンボールアートの話。

    新宿エコギャラリーで開催中の
    ダンボールアートの展覧会を観てきました。ミクシイでも
    おなじみの、ふかぴょんさんによる渾身の企画。
    大変に資料的価値の高い、興味深い展示でした。

    10年近く前、新宿西口地下街に存在した
    ホームレスによるダンボールハウス。
    バブル崩壊だとか、リストラとか、いろいろな理由で
    ここに集まって生活をしている人たちが、
    一種の共同体を作っていました。

    もちろん公共の場所の不法占拠でもあるので、
    当局とは、ことあるごとに衝突する。
    都庁も新しくなったし、目障りな存在は、どこかに
    行ってほしい。青島都知事の命令で、地下通路に
    動く歩道が設置され、そこにいたホームレスが
    強制的に移動させられたりした。

    そのダンボールハウスに、若いアーティストが
    絵を描いたんですね。

    お花や風景画ではない、通行人を威嚇的なまなざして
    ギロッと睨みつける巨大な目玉や、
    大きな口を開けて歯を剥き出した猛獣などなど、
    ケバケバしい色彩で、エネルギッシュに描き出した。

    ホームレスの存在はれっきとした社会的現実なのに、
    世の中の人はできれば見たくないし、見ないで済ませたい。
    社会的に不可視の存在でいてほしい。
    当局にもそのほうが都合が良い。

    どっこい、そうはいかねえぞと、アーティストたちは
    わざと目立つ表現でダンボールのまちを彩った。
    これは確かにとてもインパクトの強い活動でした。

    ぼくは当時その脇を通って、何枚かそっとカメラの
    シャッターを切り、後にそれらの写真を、
    時々非常勤をやっているM美大の授業で学生に
    見せたりしてきました。

    実は1920年代の日本のアバンギャルド運動に興味があって、
    当時のことを調べていたことがある。

    大正12年の関東大震災の後に、
    被災した跡地に続々と生まれたバラック建築、
    そのバラックを一群のアーティストたちが
    ペンキで彩った。

    その名も「バラック装飾社」。

    二科会の若手アーティストと、
    東京美術学校(芸大の前身)のデザイン系の学生が
    チームを作り、東京都内で腕を奮った。
    それを取りまとめていたのが、後に考現学で有名になる
    今和次郎(こん わじろう)。

    バラック都市の生活を、少しでも快適なものにしようと
    ある意味でアーティストによる震災ボランティアの
    おもむきもある活動でした。

    しかし、制作はけっこう過激。

    彼らの作品、神田の「東條書店」では、
    東南アジアの未開民族の装飾をダダイズム的に翻案して
    ファサードを塗りたくった。
    銀座の「カフェーキリン」では、巨大なキリンが
    通行人を睨みつけ、店内は同人たちの壁画やレリーフで
    飾られ、まるごとインスタレーション空間に。

    このバラック装飾社と同じ時期に活動していたのが
    村山知義(むらやま ともよし)率いる、
    この時代を代表するアバンギャルド・グループの「マヴォ」。

    神田の芳賀書店の看板は、左右比対称のダダ的デザイン。
    赤坂の「マヴォ理髪店」は、壁一面が迷彩塗装と
    みまがうような仕上がり。
    神田の八百屋のデザインは、偶然そばを通った分離派の
    建築家(今でいうならみかんぐみか、アトリエ・ワンか)をも
    ビックリ仰天させた。
    ついには溜池に映画館まで作ってしまう勢い。

    大正13年の帝都復興創案展には、建築家の団体に混じって、
    マヴォも67点を出品。そのほとんどが、廃材を使った
    オブジェやインスタレーション作品(もちろん
    当時はそんな言葉はありません)でした。

    てなことを講義で話しているときに、
    例のダンボールの作品の写真を紹介していました。

    これらは時代背景も、文脈も、アーティストの関わり方も
    もちろん大きく異なります。
    でも、どこか深く通じるものがある。

    それを確信したのは、新宿のダンボールハウスに
    関わったアーティスト武盾一郎が、阪神大震災の後に
    神戸で「しんげんち」という活動に参加したことを
    知ってからです。

    もちろん絵の描かれたダンボールの写真を
    見せたからといって、
    べつにきみらも同じことをしましょうと、
    学生をたきつけているわけではない。

    あの頃、
    新宿地下街に動く歩道が出来たのと同時に、
    対面のビルの壁際には、ホームレスが寝転んだり
    できないように、奇妙な形のオブジェが
    たくさん取り付けられました。
    円筒形で、先が斜めになっているので、座ることも
    できない。

    相手がデザイン科の学生なので、

    社会的に存在しているホームレスを、
    見えない場所に追いやるために、こういうデザインを
    つくる人がいると思うと、
    一方で、わざと彼らの存在を目立たせるように
    ダンボールに絵を描くアーティストがいる。
    みなさんはどちらにシンパシーを感じるでしょう?

    というような話をしているのですが。

    とにかく、長い間ぼくのなかで気になっていながら、
    ほとんど無名のままでいたアーティストたちの活動に
    スポットを当ててくれたこの展覧会。
    観れて良かったと思いました。

    曽我高明
    | お便り頂きました | 01:41 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
    [Cardboard-Paintings-Meeting :108] 高橋信也さんからお便り頂きました。
    0
      On 2005年 5月 10日 , at 0:08 AM, Take Junichiro wrote:
      森美術館の高橋信也さんからお便り頂きました。
      話題になっていた「アート/非アートの境界」について触れられてましたので紹介いたします。
      武様

      気になったことを、少し書いてみます。

      1.まず、「アートの境界」といったことですが…

       美学の最初の段階で語られることに、「礼拝価値」と「鑑賞価値」ということがあります。同じ仏像でも、信仰の対象とされたときに生じるのは「礼拝価値」であるわけですが、その仏像が信仰と切り離されて、鑑賞上の事物としておかれた場合生じる価値が、「鑑賞価値」ということになります。
       いずれにしても対象である当の仏像に変化はないわけですが、別な象徴体系、別な価値観で捉えられるということですね。
       「鑑賞価値」をベースに生じている視る、視られるという行為、またそうした視覚表現を軸にした様々な思考や意見、事柄の流れを、一旦、「アート」もしくは「アート」界と呼んでいるわけですね。
       ここんところは、一旦、あくまで一旦ですが、はっきりさせておく必要があると思います。

      2.次に、20世紀美術の原器と呼ばれるマルセル・デュシャンの有名な逸話ですが…

       1917年、デュシャンはニューヨークのアンデパンダン展に、逆さまにした男性用の小便器を「泉」と題名を付けて出品しました。アンデパンダンと言うからには自由出品が原則だったにもかかわらず、この作品は即刻撤去されました。有名な「リチャード・マット事件」です。
       常識的に考えて、撤去の理由は二つ考えられます。
        
        1)便器を公然と展示することが、不道徳的で、卑俗であること。
        2)単なる便器そのものであり、作品とは認めがたい。

       逆に言えば、デュシャンは、まさにこの2つの点について、この作品を通して主張したのだともいえます。
       まず、1)不道徳的で卑俗なものも「アート」足りうること。
       2)前項の流れでいえば、日常の役割を剥奪されて、「鑑賞」上のコンテクストに置かれた事物は、レディメードであっても「アート」足りうる、という点です。
       世はまさにキュビスム全盛の頃で、球体と円錐で事物を捉える表現がトレンドの時代です。誰もがこの「便器」を、どう「アート」として認めて良いのかわからない、というのが、正直なところだったのかもしれません。

       もう少し具体的にいえば、デュシャンはここで「アート」とは視覚の問題や技術の問題ではなく、認識の問題であり、相対的なことであることを明らかにしています。
       つまり、「あなた方にとってのアートはキュビスムかもしれないが、私にとっては[泉]こそアートであり、つまりアートとは概念の問題であり、相対的な認識の問題である」というわけです。
       結果、撤去された便器は20世紀を代表する作品として歴史に名を残しました。
      「網膜」ではなく、「認識」に働きかけることがアートなのである、という、まさに20世紀美術に支配的なコンセプチュアル・アートの公式を宣言したエピソードです。

      もちろん、いうまでもなくこれもひとつの立場で、コンセプチュアルな読み込みを拒絶する表現も数多くあるし、ハイブリッドした(両義的)立ち位置で発表している作家もいます。
      現在では、美術言語のひとつとして、ま、何というか普通に応用されていることなんですが。

      3.もう一点、

       20年ほど前、「ロシア・アヴァンギャルド」が世界のアート界のトレンドになったことがありました。
      「ロシア・アヴァンギャルド」運動は、ロシア革命前後にソヴィエトロシアで展開された革命芸術運動で、1910年代から始まり1920年代後半には党の方針によって、方向が変えられていった運動の総称です。80年代まで実体のよくわからなかった運動の全容が、ペレストロイカの流れの中で、次第に西側でも明らかになりつつあり、それまで語られていたより、遙かに奥行きのある、幅の広い芸術運動であったことが明らかになりました。運動の内容については省略しますが…。

      そんな中で、日本でもようやく「ロシア・アヴァンギャルド」の大規模な展覧会が行われることになり、当時、私が関わっていた美術館も開催に伴って、マレーヴィチのオペラ「太陽の征服」と呼ばれる革命オペラの再現上演を試みることになりました。
      このオペラは美術史上初めて抽象表現が現れたといわれている、ま、記念碑的なものなわけですね。完全な台本の原本を入手する事から始まって、マレーヴィチの意匠の再現、音楽の再現などを行ったわけですが、演出を、劇団俳優座を設立した演出家・千田是也氏に依頼することにしました。(実は私自身が、そのプロデュースをしていたわけですが)
      というのも千田さんは戦前のドイツに渡欧していて、コミンテルンドイツ支部の青年部で活動していたくらいの人で、当時の政治的熱気や政治的演劇の特徴を十分に体験してきた人であるから相応しいと判断したのでした。

      そのプロセスで、千田さんと様々な会話を交わすうち、私にとっては、とても意外で、「目からウロコ」の発言を聞くことになりました。
      勿論私は、そのオペラの存在やアヴァンギャルドの作品群はロシア革命に至る運動と不可分な中で生みだされたと思いこんでいたわけですが、千田さんによると、それらは「芸術的前衛かもしれないが、政治的前衛とはあんまり関係ないね」と言うことでした。というのも「ボルシェヴィキは本物の革命で忙しくて、芸術なんかに関わっている暇なんかなかったからね」ということでした。

      考えてみりゃ、そりゃそうだ!なんですけどね。

      ながくなりそうなので、この辺で。また続きを書きます。
      | お便り頂きました | 00:10 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
      [Cardboard-Paintings-Meeting :70] 酒井敦さんからメイル頂きました。
      0
        On 2005年 4月 14日 , at 11:04 AM, Take Junichiro wrote:
        写真家で舞踏家の酒井敦さんからメイルを頂きましたので紹介します。

        On 2005年 4月 13日 , at 3:47 PM, gentoukan wrote:
        ご無沙汰してます。そして連絡遅れましてごめんなさい。
        新宿西口ダンボール絵画の件、興味深深です。回顧に陥らず、
        いま、この時代を照射しつつ、エネルギシュなものになったらいいですね。
        4月2日は田島征三さんの練馬区立美術館でのオープニングだったので、
        行けませんでした。宮迫千鶴氏と谷川晃一氏との3人展で、すごく大規模な
        ものです。エントランスに設置したモビジバフ−の木の実を1万個使い、
        12メートルの高さの巨大なオブジェは僕も手伝い製作しました。
        とにかく近年にない面白い展覧会なのでぜひ見に行ってください。こんど
        6月に福音館書店のこどものともで出版される「モクレンおじさん」の
        パネルもあります。写真はぼくが撮りました。今後は児童書でもっとやっていく
        つもりなのでその足がかりとなりました。

        (中略)

        ぼくの知らない人も多くいらっしゃるようですが楽しみです。新宿夏祭りは
        相変わらずネットで見れるみたいです。踊っている写真が入ってます。
         MLを見ていて思い出したのですが、ぼくは95年に地下鉄サリン事件が起きて、1週間後にパリに写真展と舞踏公演のために旅立ちました。ベルリンなど計3ヶ月の初めてのヨーロッパの旅の後、武ちゃんと新宿の路上でセッションしましたね。
        あのときのボディーペインテイングで着いたペンキが今でもかつらにかすかに緑色で残ってます。
        そして97年に新宿夏祭りでした。
         などと僕が回顧に走ってしまいました。

         ではぼくも今度、直接ポステイングしてみます。アヤちゃんにもよろしく伝えてください。

                           スタジオ幻燈館 酒井


        酒井さんとは西口地下道で出会いました。
        B通路の「突起物」を打楽器にして、酒井さんが舞踏をし、
        僕とタケヲが路上に段ボールを敷き詰めてペインティングし、酒井さんの身体にもペイントしてくゲリラライブを行ったり、
        新宿夏祭りに参加したり、
        http://iconogrove.com/culture/live/970817/#02
        http://www.asahi-net.or.jp/~uh5a-kbys/shinjuku/97natsu/sakai.htm
        東大駒場寮でもライブを一緒にやらせて頂きました。
        武盾一郎

        [Cardboard-Paintings-Meeting :71] Re: 酒井敦さんからメイル頂きました。
        On 2005年 4月 14日 , at 3:02 PM, sakokawa.berg wrote:
        迫川です。

        酒井さんお久しぶりです。
        97年の夏祭りはすごかったですね。
        酒井さんの踊りインパクトありました。
        お写真撮らせていただきました。
        ちょうど今ネガを見ているのですが、懐かしいです。

        稲葉さん、今年の夏祭りはいつ頃のご予定ですか?
        全館休業と重ならないと良いのですが…。

        迫川尚子
        | お便り頂きました | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        稲葉剛さんからメイルが届きました
        0
          武です。
          当時、新宿西口地下道で支援活動していた新宿連絡会の稲葉剛さん(現NPO法人自立サポートセンター・もやい代表)からメイルが届きましたので紹介致します。
          続きを読む >>
          | お便り頂きました | 17:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          毛利嘉孝さんからメイルが届きました
          0
            カルチュラル・スタディーズで著名な毛利嘉孝さんからメイルが届きましたので紹介致します。
            参)はてなダイアリー-毛利 嘉孝とは
            続きを読む >>
            | お便り頂きました | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            池上善彦さんからメイルが届きました
            0
              池上善彦さんからメイルが届いたので紹介致します。
              続きを読む >>
              | お便り頂きました | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              上野俊哉さんからメイルが届きました
              0
                社会学者として著名な上野俊哉さんから武盾一郎宛にメイルが届いたので紹介致します。
                参:はてなダイアリー-上野俊哉とは
                続きを読む >>
                | お便り頂きました | 16:45 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |