SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 都庁南展望室「一寸法師ライブペインティング」
    (11/02)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :388] 朝日新聞に掲載
    武盾一郎 (10/25)
  • シンポジウム「段ボールハウス絵画とは何だったのか」
    武盾一郎 (10/19)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    深瀬鋭一郎 (10/13)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    kou (10/12)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :190] ビッグ・イシュー取材報告
    宮崎 (10/10)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :237] 9.3 編集会議の議論を経た深瀬原稿修正版
    村上知奈美 (09/07)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー+ダンボールハウス絵画映像記録上映会」
    (09/05)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー」(新宿散策速報)
    (09/05)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :97] 第 1 回ミーティング無事終了報告
    (09/05)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

新宿区ダンボール絵画研究会

cardboard-paintings-meeting
第四回 246表現者会議のお知らせ
0
    日時:2008年3月19日(水)18:00〜
    場所:渋谷駅南口R246高架下歩道(渋谷アートギャラリー246)

    是非ともお気軽にお越し下さい。差し入れ歓迎!寒さ対策は充分に!

    246表現者会議
    http://kaigi246.exblog.jp/

    武盾一郎拝
    | お知らせ | 10:52 | comments(0) | - | - | - |
    ネグリさんとデングリ対話
    0
      武です。

      30日15〜19時、東京芸術大学上野・石膏室で大ラウンドテーブルというのがあるのですが、僕と小川てつオくんが出演します。
      http://www.negritokyo.org/geidai/meeting-cell/

      それから、29,30日とグラウンドでSWAMP PUBLICATIONの『沼美術館』というのを展示致します。
      http://swamp-publication.com/archives/2008/03/post_10.php

      そこで、28日に沼美術館の設営があるのですが、手伝える方は是非手伝ってください!
      また、30日の大ラウンドテーブル後、沼美術館は神輿のように担いでグラウンド内を練り歩き、
      ステージに上り、ジンタらムータと共演する予定になっておりまして、その担ぎ手も募集しております。

      沼美術館は誰でも来て絵が描けますし、中でパフォーマンスすることも可能です。どぶろくを売る予定。

      ただいま沼美術館の準備でバタバタしています。
      興味のある方はぜひぜひお気軽に僕に声をかけてください!

      武盾一郎拝
      | お知らせ | 10:51 | comments(0) | - | - | - |
      第三回 246表現者会議のお知らせ
      0
        武です。第三回 246表現者会議のお知らせです。

        日時:2008年2月22日(金)18:00〜
        場所:渋谷駅南口R246高架下歩道(渋谷アートギャラリー246)

        いちむらみさこ『R246星とロケット』パフォーマンスについて話してもらいます。
        また、R246住人に壁画制作時の話をしていただきたいと思っています。(未定)
        ※飲食持ち込み歓迎、寒さ対策万全に!

        REALTOKYOのColumnで246表現者会議についてふれてます。
        昭和40年会の東京案内 | 第63回:東京のアート?【前編】 会田誠

        ▼会田誠だけが、(イルコモンズのふた。より)

        246表現者会議

        よろしくお願いします!

        武盾一郎 拝
        | お知らせ | 16:09 | comments(0) | - | - | - |
        [Cardboard-Paintings-Meeting :522] 第二回 246 表現者会議のお知らせ
        0
          ご無沙汰しております。武盾一郎です。本年もよろしくお願いします。
          (二重投稿してたらごめんなさい)

          去年末から、ブルーテント村エノアール主催の小川てつオ氏とプロジェクトを
          発足いたしました。
          「246表現者会議」
          きっかけは渋谷駅高架下に突如出現した「渋谷アートギャラリー246」。
          グラフィティーを消し、そこに暮らしていた野宿者の人たちを排除することが
          目的だと捉えざるを得ないパブリックアートです。

          渋谷アートギャラリー246による追い出しに注目!
          http://yukuri.exblog.jp/6531137/

          このことを受けて、「アートとは何か」、をもう一度考え直そう、いろんな人
          の話しを聞いてみよう、ということで、現場で語り合ってみませんか。という
          主旨で会議を発足させました。

          「246表現者会議」
          http://kaigi246.exblog.jp/

          第一回は2007年12月26日(水)、のべ14人の参加で18:00〜23:00くらいまで長
          時間いろいろ議論しました。

          つづいて第二回246表現者会議を開催いたします。興味のある方はお気軽にご
          参加下さい。
          飲み物食べ物持ちより、寒さ対策は充分にお願いします。

          ■第二回 246表現者会議
          日時:2008年01月28日(18:00〜)
          場所:渋谷駅南口R246高架下歩道(渋谷アートギャラリー246)


          それから、3月30日には東京芸大で行われる
          「ネグリさんとデングリ対話@東京芸大・上野 大ラウンド・テーブル「マル
          チチュードか、プレカリアートか?」── この国の「路上」からトニ・ネグ
          リを歓待する」
          議論セル企画シンポジウム【3月30日(日)15時〜19時】
          http://www.negritokyo.org/geidai/meeting-cell/

          にも246表現者会議として出演いたします。

          宜しくお願い申し上げます。
          | お知らせ | 18:17 | comments(0) | - | - | - |
          ASIA ART NOW 2006
          0
            日本でのアナウンスはあまりないようですが、「Asia Art Now 2006 」という展示が韓国はソウルで行われます。
            期間は12.2(土)〜12.17(日)
            韓国人アーティストを中心に日本、中国等のアーティストが参加するようです。
            今回、それに参加いたします!
            11月27日に僕は韓国入りいたします。
            この展覧会は中国(北京)にも巡回する予定です。

            段ボールハウス作成、段ボールハウス絵画制作、ライブペブリケーション(ライブペインティングからアーティストブック製作までをライブで見せる)、壁にペインティング等をやらかして来ようと思ってます。

            去年、当時西口地下道に暮らしていた内藤さんと再制作したダンボール片を持ち込み、韓国で集めた段ボールを継ぎ足してハウスを作り、そこにペイントしていきます。
            ダンボールが新宿→ソウル→北京へと旅立ちます!

            お近くへお寄りの際は是非とも足を運んで下さいませ。

            Exhibition 『Asia Art Now』, hosted by The Korean People's Artists Association, has been working to widen various spectrums of artistic practice with contemporary Asia artists whose works devote on summarizing the current issues, starting from the 2002『21st Century & The People of Asia』exhibition. The theme of 『2006 Asia Art Now』exhibition, 'Globalization & Locality' is popular among all sorts of fields like politics, economics, society and culture, as it is one of the highly acknowledged ! topic of the current century.
            Through this exhibition, we seek to study the 'Implication of Asia's Globalization and Locality'. That is to seek the significance of artistic reflection of 'Asia's locality' as a response strategy on globalization which is accelerated by the indiscriminate power relations. Moving a step further, we will be able to bring out political implications on converting the local discourse of 'a negative campaign' on globalization into that of 'a positive campaign'.
            『2006 Asia Art Now』 seeks to illuminate the arts and artists who have monitored locality in various perceptions and also the results aimed on artistic practices in a specific local life. Rather than presenting a new model on globalization and locality, we present 'Local conception and local practice' as a strategy or attitude of artistic practice, thereby including diverse trends from critical realism to activism based on a premise of participation and intervention.
            By revealing the problematic issues this exhibition holds, we hope it will create an 'open discussion' on what meaning current art brings to our society and what we can do.

            ■ 2006 Asia Art Now Exhibition Operating Committee

            ● Exhibition Title : 2006 Asia Art Now
            Theme : Globalization & Locality

            ● Exhibition Period in Korea : December 2- 17, 2006
            Exhibition Venue : Alternative Space Loop, Ssamzie Space, Gallery Sup
            Opening Reception: Saturday, December 2, 2006. 1:00 pm at Alternative Space Loop

            ● Exhibition Period in China : January 20- March 11, 2007
            Exhibition Venue : Arario Beijing
            Opening Reception : Saturday, January 20, 2007. 1:00 pm

            ● Accompanying Event : “Globalization & Locality” Discussion and Art Seminar
            Date : Saturday, December 2 , 2006. 1:00 pm
            Venue : Alternative Space Loop

            Moderator : Kim Jonggil
            1. Redistribution of Power-Presentation of South Korean Participants' Works : Choi Geumsoo
            2. Problem of Artist's Local Practice : Gim Jungi
            3. Situation of Chinese Contemporary Art : Yun Cheagab
            4. Cultural and Artistic Identity and Locality of Asia : Furukawa Mika
            5. Political Potentiality of Trans Asia/Trans National Art :Yoshitaka Mouri

            During the opening reception, performances of Lee, Shi-Yi(Taipei) and Shinjuku Homeless Project Group(Japan) will be put on.

            Host : The Korean People's Artists Association
            Supervision: 2006 Asia Art Now Exhibition Operating Committee
            Chief Director : Ahn Sungkeum
            Executive Curators :Gim Jungi, Choi Geumsoo
            Co-Curators : Kim Kang, Kim Jonggil, Sim Gyuhwab, Cho Juhyun, Furukawa Mika
            Official Patrons : Arts Council Korea, The Korean People's Artists Federation, Japan Cultural Center in Korea, China Cultural Center in Korea, MBC(Munhwa Broadcasting Corporation), Arario Company.
            Location Sponsors : Alternative Space Loop, Ssamzie Space, Gallery Sup, Arario Beijing
            Cooperation : Neolook.com
            Home Page : www.asiaartnow.org

            Exhibition Location :

            Ssamzie Space
            5-129 Changjeon-dong, Mapo-gu Seoul, Korea
            Tel. 82-(0)2-3142-1695
            www.ssamziespace.com


            Alternative Space Loop
            333-3 Seokyo-dong, Mapo-gu, Seoul, Korea
            Tel. 82-(0)2-3141-1377
            www.galleryloop.com

            Gallery Sup
            6-42 Changjeon-dong, Mapo-gu Seoul, Korea
            Tel. 82-(0)2-326-1255

            Arario Beijing
            Chaoyang Liquor Factory,Beihuqu Road,Anwaibeiyuan Street,
            Chaoyang District,Beijing,100012, P.R.China
            Tel : +86 10 5202 3800
            www.arariobeijing.com
            | お知らせ | 10:00 | comments(5) | trackbacks(1) | - | - |
            Rock’n’-醤-You!Vol.2
            0
              SWAMP 1stCD
              フロント3人が段ボールハウス絵画制作者であるノイズコア「SWAMP」ライブやります!マジで是非来て下さい!
              ★SWAMP★
              Vo.鷹野依登久
              Gu.えもりはるひこ
              Ba.武盾一郎
              Dr.さとる
              Am.キョージュ

              Rock’n’-醤-You!Vol.2
              日時:4月22日(土)18:30開場 19:00開演
              場所:高円寺U.F.O.CLUB
              料金:¥1800(1ドリンク付)
              出演バンド:
              1・スワンプ(19:00〜19:45)
              2・関口貴夫(19:45〜20:30)
              3・レンダ(20:30〜21:15)
              4・FUZZCO(21:15〜22:00)
              5・電気醤油(22:00〜22:45)

              「SWAMP」試聴出来ます↓
              http://japan.swamp-publication.com/?eid=185918
              http://swamp-publication.com/archives/cd/index.php
              http://japan.swamp-publication.com/?eid=189008
              | お知らせ | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              [Cardboard-Paintings-Meeting :411] ダンボール絵画研究第 2 期を開始します。
              0
                On 2006年 1月 17日 , at 4:09 AM, Eiichiro Fukase wrote:

                新宿区ダンボール絵画研究会各位

                正月明け早々に失礼いたします。
                本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                2005年10月に、研究会で行った議論・意見集約結果に基づき、
                当初予定通り、1月下旬から
                 屮瀬鵐棔璽覲┣荼Φ翅2期(絵画論)」を開始するとともに、
                東京大学駒場寮研究へ橋渡ししたいと思います。

                日程は、1月28日(土)午前11時にJR新宿駅東口改札前ベルク集合、
                新年会兼で、今後の進め方をご相談することでいかがでしょうか?
                事務局で叩き台を用意しますが、
                皆さんのお考えとご都合をお伺いいたしたく存じます。

                絵画論につきましては、従来のワークショップ型よりペースを落として、
                参加者による研究発表をベースに議論することが中心になると思います。
                2005年には見送った、ダメ連などのトークを聞くことも考えられます。

                また新宿ダンボール絵画と同じ作家による駒場寮での活動「オブスキュア」
                を橋渡しに、駒場寮研究に繋げていっては如何か、と考えています。
                今後の会場をどこに設けるかも論点になります。

                まずは、皆さんの日程の都合をお聞かせ下さい。

                新宿区ダンボール絵画研究会 
                事務局長 深瀬鋭一郎
                | お知らせ | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                [Cardboard-Paintings-Meeting :399] 11 月 19 日 (土)17:0 0〜トークショー
                0
                  On 2005年 11月 14日 , at 5:09 PM, Take Junichiro wrote:

                  タワーレコード渋谷店7Fで行われるトークショーですが、
                  森美術館の高橋信也さんに加えて、うらわ美術館学芸員・吉本麻美さんも出演する事が決まりました!
                  吉本さんはアーティストブックの専門家で、フルクサス、大竹伸朗さん等のアーティストブックについてのコメントも出る予定です。

                  同時にエモリハルヒコの絵芝居がトークの内容とは全然無関係に展開されるところも密かな見所です(参照

                  ■スワンプトークショー
                  「今、なぜアーティストブックなのか」
                  日時:2005年11月19日(土)17:00〜
                  場所:タワーレコード渋谷店7Fタワーブックス(03-3496-3661)
                  ゲスト:高橋信也(森美術館ジェネラルマネージャ)
                  出演:スワンプパブリケーションメンバー・鷹野依登久(主宰・画家)、山根康弘(画家)、武盾一郎(画家)、エモリハルヒコ(絵芝居師)
                  特別出演:吉本麻美(うらわ美術館学芸員)

                  2002年よりアーティストブック制作を中心に活動し続けて来たスワンプパブリケーション(SWAMP PUBLICATION)。
                  「アールヴィヴァン」の創立、「NADiff」の専務取締役を通して「アーティストブック」を見続けて来た現代美術界の仕掛人・高橋信也氏(現・森美術館ジェネラルマネージャ)をゲストにむかえ、「アーティストブック」と「スワンプパブリケーション」についてを語ります。


                  そして、11月30日(水)11:00〜20:00、ナディッフにてライブパブリケイションを行います。

                  ■SWAMP PUBLICATION 公開アーティストブック制作
                  「湿地帯のそばでのしゃがんだ姿勢仕事」Live Painting → Artist books
                  日時:2005年11月30日(水) 11:00-20:00
                  場所:NADiff
                  出演者:
                  ペインター・鷹野依登久(主宰・画家)、山根康弘(画家)、武盾一郎(画家)
                  ノイズ・関根正幸

                  11:00-14:00 Live painting
                  14:00-18:00 Artist book production
                  18:00-20:00 Publication

                  スワンプパブリケーション「公開アーティストブック制作」シリーズ。
                  鷹野依登久(主宰・画家)、山根康弘(画家)、武盾一郎(画家)がライブペイティング。3次元空間を「アーティストブック」という2次元媒体に封じ込め、そのまま納品、販売致します。「瞬間」(ライブ)と「永遠」(アーティストブック)、「時」(ライブ)と「時を止めたもの」(アーティストブック)の両方を体験できる絶好の機会です。

                  東京大学駒場寮「オブスキュア」ギャラリーの空間が取り壊され、アーティストブックに居場所を求めた数年の変遷を1日に凝縮したライブ・パブリケーションです!

                  公開アーティストブック制作
                  | お知らせ | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  10月7日の日本経済新聞朝刊最終面8段記事
                  0
                    日本経済新聞
                    2005年10月7日日本経済新聞朝刊最終面8段記事。

                    日経新聞スキャン
                    | お知らせ | 01:47 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
                    [Cardboard-Paintings-Meeting :392] 朝日新聞 10 月 21 日夕刊5面
                    0
                      朝日新聞
                      On 2005年 10月 25日 , at 0:45 AM, Eiichiro Fukase wrote:

                      朝日新聞10月21日夕刊5面左上に掲載された記事のスキャンをご参考までに送付します。ファイル形式はJPEGです。
                      10月21日(金)朝日新聞の夕刊に、美術ジャーナリストの村田真さんの記事が載るそうですが、ダンボール絵画についても少し触れているそうです。

                      朝日新聞スキャン
                      | お知らせ | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |