SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 都庁南展望室「一寸法師ライブペインティング」
    (11/02)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :388] 朝日新聞に掲載
    武盾一郎 (10/25)
  • シンポジウム「段ボールハウス絵画とは何だったのか」
    武盾一郎 (10/19)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    深瀬鋭一郎 (10/13)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :378] ダン研記念 T シャツのオーダー
    kou (10/12)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :190] ビッグ・イシュー取材報告
    宮崎 (10/10)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :237] 9.3 編集会議の議論を経た深瀬原稿修正版
    村上知奈美 (09/07)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー+ダンボールハウス絵画映像記録上映会」
    (09/05)
  • 第2回会合議事録「新宿を歩こう!ツアー」(新宿散策速報)
    (09/05)
  • [Cardboard-Paintings-Meeting :97] 第 1 回ミーティング無事終了報告
    (09/05)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

新宿区ダンボール絵画研究会

cardboard-paintings-meeting
新宿区ダンボール絵画研究会
0
    新宿西口ダンボールハウスペインティングが出現してから、本年8月14日をもって10周年となります。
    記録・記憶の散逸を防止するとともに、歴史的・現代的意義を問い直すため、このたび、有志により「新宿区ダンボール絵画研究会」を結成することにしました。ウェブやML、友人の口コミで会員を募ります。
    参加ご希望の方は、 z--@diana.dti.ne.jp 深瀬鋭一郎までメールをいた だきたく存じます。

    基本的には、新宿区に在住または在勤・在学者で、
    ・芸術としての「新宿西口地下街ダンボールハウス」に興味が深い方、または
    ・ダンボールハウスペインティングの研究・製作・展示・運営に参画したい方、を募集します。
    もっとも、「ダンボールハウスに特別な想い出がある」など、強い熱意のある方は、新宿区在住以外の方でも歓迎です。
    当面は土日祝を中心に、東京23区内で研究会(勉強会)を開催します。
    開催頻度は、最初は月1回程度、イベントを控えた場合には、頻度が高まることが予想されます。
    初回会合は4月2〜3日頃と考えております。
    研究会では、ダンボールハウスペインティングの歴史的・芸術的位置付け、社会的効果などを研究したうえで、年譜・研究論文・映像・インタビュー記録・ダンボールハウスペインティングを作成し、最終的には新宿区の施設等において発表することを目指します。

    研究会員は、定例会費はなく、研究会でのお茶代・場所代など、実費のみ自己負担していただきます。
    また、研究発表、研究会事務局事務、研究成果の展示会・イベントにおいて、作業を分担していただくことになります。

    ご参考までに、 ペインティングが西口地下道に存在した期間は、
    1995.8.14ー1998.2.14
    新宿西口地下街ダンボールハウスの描き始め 1995.8.14
    西口地下道強制撤去 1996.1.24
    西口地下道大火災 1998.2.7
    段ボール村消滅(新宿連絡会が自主撤去) 1998.2.14

    呼びかけ人
    深瀬記念視覚芸術保存基金 深瀬 鋭一郎
    | 呼びかけ文 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |